札幌漫鉄オヤジの鉄写真撮影記 Satsumann's Railroad Photograph Log

国鉄時代に生まれ、当時の車体色を維持する車両を追い回す!

      「 国鉄型車両には、旧態依然スタイルの鉄道写真がよく似合う…」                   Restart 2018/09/10 689400-

【 基本、写真が主、動画が従、のスタンスで撮影しております。悪しからず 】                                      
       If you want to see this blog's snowplowtrain's page,Please click this link!

【1986/07/〓&1987/01/06】ワカゲのイタりの日直日誌〜「余部鉄橋訪問記 4/4 最終回」

 前回前々回の続きで最終回でございます〜。あ〜、こんなところでクサってないで、DD16+12系「戸狩スキー」風編成撮りに(※意見には個人差があります)若桜鉄道でも行きて〜っっ!! と、日本の端っこから叫んでみる…
 ※極力自己好都合な改編は避け、原文ママを心がけますが、世界へ発信するにあたりあまりに公序良俗に反すると判断した部分は、現在の筆者注同様、[ ]でくくりお知らせするものといたしました…


※以下日誌から※


餘部[余部]鉄橋訪問記 最終回(4)】 
【前回までのあらすじ】信州松本で"みやび"転落の報をうけた[実名](16)は、その使命感[?]から年が明けた昭和62年1月5日早朝、山陰の現場に向かったのであった。
 目をつぶっているので周囲がどうなっているのか解らないが、どうもさわがしい。ハッとして目を開くとそこには通勤、通学列車 ※1 の中で、1人ワンボックス ※2 占領して寝っころがっている私の姿があった。そそくさと荷物を片づけ、3人分シートを開[空]けたが、だれも座りにこなかった。私のボックスだけ開[空]いているのは大変きまりが悪かったが、次の駅で乗ってきた老男性が座ってくれたのでなんとかおさまった。
 7時半に近くなると、非電化なのに高架線になった。まだ新しいコンクリートが目にしみる。周囲にビルが増えたとたんに、鳥取に着いた。ここで通勤、通学客はほとんど降り、またローカル列車の雰囲気になった。さすがは県庁所在地(だよな)だけはある。
 今回の旅行の目的は3つある。ます餘部[余部]鉄橋を訪れること、[以下不謹慎…]次にDD51重連 ※3 の出雲を撮ること、そしてあまった"青春18きっぷ"を有効活用することである。
 最初、DD51重連餘部で撮るつもりだったのだが[不謹慎な!]、『出雲』は餘部7:15頃通過で、現地の新聞で調べると大阪港日出は7:01分と書いてある。(東京は6:50)これでは餘部での撮影はまず不可能であろうと考えたので鳥取の先の浜村(『第3出雲[出雲3号]』通過は8:30)まで行くことにしたのである。
[以下、究極に蛇足な部分は小さな字にて…] 話をもどそう。鳥取を出ると右手に鳥取車輌[両]基地を見ながら高架を降りる。降りるとすぐに、のどかな田園風景になった。県庁所在地とはいえ[略]。
 8時02分に浜村駅に降り立つと、かなり雨が降っていた。降りたのは私を含め2,3人である。客が降りたのを確認するとドアーが閉まり、DD51は低い汽笛を鳴らし、SGの湯気をはき出しながら去って行った。
 浜村駅の待合室(かべに指名手配犯のポスターがはってあり、東京にもある過激派の高田武[当時の担任教師と一文字違い]と、山口ナントカ信用金庫をおそった、明石家さんまそっくりの似顔絵には笑ってしまった。)に荷物を置き、カメラとカサを持ち、交換レンズをポケットにつめて外に出た。撮影地ガイドがあるわけではないのでひたすら青谷方向に歩くこと15分位、大きなカーヴ[カーブ]があったので、そこで撮影をすませた。8時54分発の普通列車城崎行は珍しく特急用181系気動車3輌[両]であった。山口、山陰連絡特急『おき』の間合運用 ※4 なのだろう。浜村から乗った人で乗車率はほぼ100%となった。私も座ることができた。顔ぶれからして、この人達も鳥取への通勤学客[通勤通学客?]なのだろう。一時代前の回転リクライニングクロスシート式とはいえ、特急用気動車でゆったりと座って[略]通学とは、絶対座れない殺人ラッシュの中で、101、103系に毎日ゆられている私から見ると、うらやましい限りだ。途中、宝木駅(ほうぎ)で、長ランを着、リーゼントをかけた"なめんなよ"を地でいった様な奴が数人降りた。近くに高校でもあるのだろうか? ここでは反対方向の列車と行き違いの為、5分程停車した。これも東京では考えられないことである。停車しているうちに、人が次々に乗り込んでくるので遂にデッキにまで人があふれ出した。[一文略]。
 鳥取に着くとおどろいたことに、私の乗っていた車輌[両]の客は全員降りてしまった。3分停車なので外に出てみると、人波が風呂のセンを抜いた様に階段に吸い込まれて行く。こればかりは都会と同じであった。腹が減ったので"鳥取砂丘弁当"なるものを買い求めたが、ただの幕の内弁当であった。
 いつの間にか寝てしまっていて目が覚めると"夢千代日記"で有名な浜坂であった[高校生で『夢千代日記』って…。サユリストの級友がいた影響かな…]。程なく餘部に着きキハ181はターボエンジンの音を響かせ、轟音とともに鉄橋を渡り、トンネルに消えていった。
 実は私はこの餘部[余部]鉄橋を去年の夏に訪れたことがある。その時は『お座敷山陰路』の運転日と重なっていた為、50人以上の鉄チャンでごった返していたが今はその面影はない。駅のすぐ横に立っている『餘部鉄橋撮影地入口 観光協会』との看板と待合室にあった『餘部鉄橋ノート №2』が有名撮影地であることを、かろうじて思い起こさせる。しかし『撮影地入口』は、工事用資材にはばまれて遠まわりせねばいけない。
 列車がしばらく来ないので待合室に入ると落書きだらけである。"EF62 3のナンバーは私がもらった"だの、"岩[伏]学園には入らない方がいい"だの、"自民党なくなれ[国鉄分割・民営化前夜ですから…。繰り返しますが、現在のJR各社のテイタラクは政治が作ったものなのですよ。マスコミにはこの部分をしっかり叩いて欲しいですね〜。ただし、自分はこの落書きはしていません…=※意見には個人差があります]"だなどと書いてある。一目で鉄チャンの仕業とわかる。一つだけ"関東成見連合"などと走り書きされていたが、それも矢印で"こ〜ゆう奴が何をしに餘部へ来たのであろうか? 俺はこ〜ゆう奴が大っ嫌いだ。"などと書かれている。『ノート№2』をめくると、"ノート№1を返して下さい。""太郎のバリ鉄日記""出雲3号は重連なのに何故暗い。"など、落書きと大同小異の内容であった。転落目撃した奴がいるかと思ったが、ノートには何も書いてなかった。『はまかぜ』通過の時間が迫ったので"お立ち台" ※5 へ行った。雨は止んだが朝までの表面の黄土がぬかるんでいる。途中で滑ってひっくり返ってしまった。登ると惨状を目のあたりにできた。私が昨夏に歩いた[! ただこの頃までは、中央本線の鳥沢(新桂川)橋りょうでも渡ってる地元の人や鉄がいました…]犬走りはそがれて、灰色の板と手すりが仮設されている。下では国道のドライブインが真っ二つになっていて、客車も3輌[両]程残っている。これはクレーンで移動したようだ。クレーンやトラックなどが数台いるのが見える。[本来改行なし]


   
[写真説明分割のために多少編集]"みやび"の最期。クレーンで移動した後で、半壊した家の上に横たわっていたらしい。  `87-1-6


[本来改行なし]又、トンネルの入口わきにはテントが張られ、鉄橋の上の作業員の詰所になっている様だ。と、突然笛が鳴り「上り列車通過時刻−っ。待避ーっ。」と言っているのがかずかに聞こえる。線路上にいる20名程の作業員は、海側の無事だった犬走りに全員待避した。しばらくするとプァーンとかん高いタイフォンとともに、181系8連程が、徐行で渡りはじめた。『はまかぜ』である。乗客が皆窓にはりついて、下を見ているのがわかる。海側の客も総立ちとなり、一目見ようとしている様だ。30分程後に、下り『あさしお』が通過したが、これも似たようなものであった。姫路からの急行が来ると、次の列車迄時間があるので下に降りてみることにした。駅の周囲には全く家はなく、全て駅から40m坂を下らなければならない。坂の途中にあった『東洋一の餘部鉄橋』の看板がむなしい。坂からは散乱している客車や部品などが手に取る様に見える。
 下った道を右に曲がると、橋げたの下に出た。そこから先はクレーンが作業をしていて行くことができない。先をのぞくと、客車がバーナーでの解体を終え、クレーンにつり上げられている所であった。


 鉄橋の橋げたの下には、亡くなった3人の為に花やみかんが供えられていた。  1987-1-6


 雨でぬかるんだ鉄橋の下を歩いて国道の方へ出た。警官や公安官[! 鉄道公安官!]に混じって地元消防団員や『米子鉄道管理局』『国鉄吹田工場』の人達もいる様だ。
 どうも国道の近くは妙な悪臭がする。悪臭源を探ってみるとドライブインの前に積まれたままのカニらしい。そういえば新聞に、列車が転落した際にカニの水産加工場を直撃したと書いてあった。どうやらそのカニがそのまま放置されているらしい。[本来改行なし]


 国道横には一週間放置され腐ったカニが山積みされていた。背後の家は列車の直撃をうけた様だ。  1987-1-6


[本来改行なし]カニとはいってもひどいもので、一週間以上放置されていた為か中の肉は全部腐っている。甲らは何とか原型[形]をとどめてはいるが色が、ピンクとか茶色に変色している。"鳥取砂丘弁当"以来何も食べていないが、吐き気がしてきた。何故作業員達は、平気な顔をして作業できるのであろうか? 慣れからであろうか?[余計なお世話!]そんなことを考えていると、頭上を181系3連の下り快速列車が通過した。さき程私が餘部迄乗ってきた列車が、城崎にて折り返して来たのであろう。私が乗る列車の時間も近いので駅に戻った。私が列車に乗ろうとすると、入れ違いに団体客が降り、ほおとかへえとか言っている。見たところ、海産物の買い出しツアーの様だ。
 私の乗った列車は鉄橋を渡り餘部駅を後にした。(おわり)

※1=1月6であったが[地方]は始業式が早いのであろうか?
※2=クロスシート(向かい合いの席)4人分でワンボックスである
※3=12月下旬から1月8日迄、『第3・4出雲[出雲3、4号]』は14系寝台12連となる為、DD51単機では力不足となる。その為重連でけん引した。(餘部[余部]鉄橋不通時は伯備線う回)
※4=本来は特急用車輌[両]であっても、特急が運転されない時間帯[?]には別用途の列車(普通、快速など)に使われることを言ふ[う]。[東海道本線]東京口185系などが有名である。
※5=有名撮影地の、有名なアングル[?]が撮れる場所を『お立ち台』と言ふ[う]。鉄チャン用語


[※担任の感想コメント]将来世界をはしりまわる日本(世界)を代表する、ルポライターになってほしい…


※以上日誌より※



※カテゴリー地域は、全編を通した撮影地基準とさせていただきました

 (淀川長治風に…)はい、みなさん、この頃この人の愛読書は『鉄道ジャーナル』だったんですね〜。肝心の現場部分のしり切れトンボ感、最後の写真が腐ったカニとツッコミどころ満載! あまりの乱筆ぶりに、古文書を書き出してるような(※古文書は乱筆ではありませんが…)感覚に陥りましたよ〜。字はきれいに書けるにこしたことはありませんね! では、次はいつになるかわかりませんが、みなさま、またお会いしましょうね〜。ごきげんよう。さよならっ、さよならっ、さよなら〜っ
427400


▼【身内CM】こちらわずかに北上しまして、巡回することになったようです…。詳しくはコチラ
   

 ▼ラッセル車動画の再生リストです! Playlist of Snowplow train(Youtube)

      If you want to see this blog's snowplowtrain's page,Please click this link!